healingfit

ヒーリングフィット

パソコンにできること

 

 パソコンのことが少し気になるけど、

これまで縁のなかった方に推奨の記事です。

 

 パソコンいるの?

 スマホで十分だよ。

これまでパソコンを触る機会がなかった人。

         使う機会がなかった人。

これらの方々はパソコンを使って

 なにをするのかわからない。

 なにができるのかわからない。

 僕もわからない人でした。

 じゃあそもそも

パソコンてなにするものなの?

 

      文字を書けます。

 写真の加工ができます。

 音を作れます。

 絵を描けます。

 図形を作成できます。

 3Dモデルを組立れます。

 ゲームを創れます。

 

パッと思いつく例を並べただけで、7種類。

 あなたはあなたとして1人の人間です。

この7種類のすべてに1人で精通できますか?

 不可能です。

僕の考えですが、よほどのことがない限り、

 不可能です。

よほどのこと.というのは、恵まれた環境の中にいたり、生まれつきの才能や天才などの単語がちらつきます。

 世の中のすべての人間が天才のわけがなく、

その人の向き不向きも個人差があります。

 

 とはいえ

今現在から、この先の未来もずっと、

Webの惑星はさらに成長することでしょう。

 

  Webの惑星

f:id:healingfit:20180512174839j:plain

 ConoHa 待望の新サービス誕生【ConoHa for Windows Server】

 

 現実としてWebの惑星はあなたの目の前に在ります。

Webの惑星では、近代化程度の言葉では片付かないような

AIなどの建築物も、無数に建てられています。

 

 そのようなWebの惑星のある現実世界において、あなたが1人のままでは、

7種類どころか、たった1種類でさえ、ままならないことでしょう。

個々各々のWiFi環境パソコン絶対に必要です。

 

  WiFi環境はWebの惑星への橋渡し。

パソコンはWebの惑星での、

あなたのパートナーとして。

 

 

 

 

  あなたと一緒に生きるパートナー

パソコンと共に、Webの惑星に上陸しました。

Webの惑星でなにをしますか?

 上記の7種類を再度確認してください。

その7種類もWebの惑星のごく一部です。

 

 

 

 

 仮に例えば、

※   幻想としてのゲーム内ではそれぞれのジョブを極めてマスターして7種類のすべてに☆☆☆がつくと心地良い達成感がありますが、

同じようにWebの惑星で7種類すべてを極めてマスターするのは不可能です。

  なぜなら幻想じゃないから。

  ここは現実だから。

  Webの惑星も現実だから。

 

 

 さらに仮に例えば、

それでも7種類全部やるとして、

1つにつき、3時間として、

  7X3=21

現実として1日は24時間です。そこは変わらない。

※   ゲームのように1日が30時間になったりしません。

さきほどの計算の21時間に食事睡眠は入っていません。

  24ー21= 3

たった3時間で1日の食事睡眠をできますか?

2〜3日であれば "もつ" かもしれない。

月や年単位で考えると、とても続けられるものではありません。

 

あなたもヘトヘトになって疲れちゃうし、

パートナーのパソコンも休憩したいはずですよ。

Webの惑星での遭難。救助無し。恐ろしいですね。

 

 

 でもだからと言って

いろいろやるのが悪いわけじゃないです。

むしろ、いろいろやるのも大切です。

パートナーのパソコンと共に、未知のWebの惑星を旅しましょう。

 

 

 

 

 Webの惑星のごく一部だとしても

その土地でいろいろやってみて、それに対して

不自然感、違和感、向いてない感などを感じたら

 さっさと退く。

 

撤退して逃げることは悪いことじゃないです。

 昔の化石になった文章のような

『一度始めたのならば長く真面目に取り組み続けることを心得よ』

 なんて思ってると

"誰かさん"のようになってしまいます。

 

少年漫画を過度に見過ぎて信じ過ぎて、

※   漫画の主人公のように、僕は努力してるし頑張ってるし正しいから、運命の土地へ到達とともに結果となる。

  なりません。

以前も書いたけどここは現実だから。漫画のシナリオは無いから。

 

 自分自身に嘘をついて、

あるいはそれすら気付かぬまま無理に続けて、

心身を壊すよりも、

 さっさと逃げた方が ずっと良い。

 

不自然に疲労しているあなたを見ている、パートナーパソコンも心配してますよ。

 自分自身への正直な見切り。

 

 特に日本人は

『汗を流して国のため身を削り、倒れるまで時間と労力にその身を捧げよ。努力と根性。これぞ日本人の美学の姿である』

 なんて風習がいまだに残っている。

 

 

 

 

あなたはあなたのために生きましょう。

身を捧げるのではなく、あなた自身のため

 ほら この瞬間にも手伝ってくれてるパートナーがいるじゃないですか。

 

 

 あなたの向いていることは、生まれた瞬間に、あなたの目の前に、明記されているわけではありません。

とても広く成長を続け、すぐそこにあるWebの惑星ではなおさら、

 やってみないとわからない。

 

自分になにが向いているのか、なにをすればいいのか、

わからないままにその生涯を閉じる方も

決して少なくない。

 

 

 

 

 さて、現実のWebの惑星でなにをしますか?

いろいろやってみましょう。

 最初のうちはお試し期間として。

お試し期間はなるべく一般的に若い年齢と言えるまでにやるのが理想です。

7種類と言わず、もっとたくさんお試しするのも良いでしょう。

 ただし、無闇に手当たり次第にお試ししていると、7種類どころか、100種類以上お試ししても、自分に向いているものが見つからなかったり、、、、

ということにも陥りかねないので、お試しを移る際にも、その時々に、楽にできて良かったこと、どうにも大変で悪かったこと、

それらを整理し、考えて、いろいろお試しすることも大切です。

 

 

 

 

 Webの惑星での全てをお試しは不可能です。

地球の全てを見て廻ることも不可能ですよね。

f:id:healingfit:20180512180808j:plain

  どちらも惑星だから。

  広いどころの話じゃない。(笑)

だからこそ整理して考えて、お試しするものを選んでいく。

超簡単!自分で「凄いバナー」が作れる!【バナープラス】

 

 可能であればWebの惑星の、ごく一部だとしても、今いる周辺の地図を手に入れ、道と方角を確認し、あなたにアタリそうな お試しを求めて進んでいく。

 

 そのお試ししたものの中に、

自然に、自身に嘘をつくことなく素直に、

無意識にする呼吸のようにできるものが、きっとあることでしょう。

 

 そうして見つけたそれこそ、

あなたのWebの惑星での住居となることでしょう。

 

現実としてWebの惑星はそこに在り、

そのWebの惑星での住居を見つけることは簡単では無いかもしれません。

 少なくとも一朝一夕でできることではありません。

 

 Webの惑星での住居を見つけるまでは、テントでのあなたとパートナーとの生活のようなイメージでしょうか。

 

 呼吸するようにできて、楽に自然と住める、Webの惑星での住居を見つけることが、あなたと、心強い味方となるパートナーパソコンの最初の役目。

 パソコンにできること

     とは

あなたのパートナーとなること

     そのもの 

 

 

 

 目指すWebの惑星での住居は人によってバラバラです。

そのさきにあるのは途方もない、未知の土地かもしれない。

それでもWebの惑星を旅する途中で、ひょっとしたら . . . . . ?

 

 あなたと

 頼りになるパートナーパソコンと

 一緒に進んでいきましょう。