healingfit

ヒーリングフィット

放浪の浪人.2

 

北海道富良野で静かに、、、

死ぬに死に切れず、、、

仕事は場違い

(死ぬにしても乱暴に痛めつけられ騒々しい死に方は拒否する)、生活不憫、、

確かに場所としては、憧れの北海道富良野ではあったが、

想像と現実にどうにもならないズレがある。

 

 

こびり憑いた呪いは、まだ振り切れていないのか、、

北海道は富良野だけではない、、、

やむをえず脱出、、、

 

 

 

冬の北海道は、ちょうど正月年明けすぐ、極寒の車中泊。

小樽をかすめ、

(小樽では2ヶ月ほど住みました。仕事もなくどうにもならないので、入居費諸々を事実上捨てて、さらに移る)

 

 

 

札幌に行こう。

どうにも安っぽいアパートだが、部屋があり、

最低賃金だが仕事もありつけた。

f:id:healingfit:20181108094831j:plain

 

 

北海道は札幌で、

どうにかでも、まがりなりにも生活できていた。

 

 

 

どうにも安っぽいアパートでも札幌の住居。

最低賃金でも札幌の仕事。

 

これで人間関係も潤滑で、

俗に言う給料も上がれば、

人らしい生き方としての軌道に乗れたのかもしれない。

 

美しい都市と言われる札幌でも、

人々が皆聖人なわけではないようだ。

 

良質設備が行き渡っているわけでもないようだ。

 

富良野では一般に知られていない闇を知り、

札幌でも華やかさの裏の実態を知った。

 

富良野へ逃げて、小樽へ逃げて、札幌へ来た。

 

それでも呪いはそこにある。

 

呪いのひとつに、先天的にいじめられる天才という呪い。

行く先々で”なにか”が起こる、

いじめられる天才。

これを先天的能力というか、呪いというか、

どちらであれ、いらねぇものだよ。

これを振り切りたいんだ。

 

 

 

 

人との問題もそうだが、

北海道の冬の気候は、想定外に想像以上だった。

美しさも、

それに伴い、過酷さも。

 

夏は程良い気候で、とても良い。

冬は雪が降り、風情があってとても良い。

(現地の人は雪が嫌いな人も多いが・・・・)

それは良いのだが、

 

 

 

問題は、凍るのだ。

人は寒さに耐えれても、

物質はそうはいかない。

 

札幌とはいえ、安物&建て付け悪いアパートでは、

凍った。

用心していても、凍った。

用心して対策しても、凍る環境なのです。

 

凍る。

f:id:healingfit:20181108094855j:plain

これも凍る。

f:id:healingfit:20181108094913j:plain

これも凍る。

f:id:healingfit:20181108094927j:plain