healingfit

ヒーリングフィット

あなたの友達は、あなたの運を吸い取っていませんか?

あなたの友達は、あなたの運を吸い取っていませんか?

 

 

多少の違和感を感じつつも、

その友達(以下”者”)とよくいっしょに遊んでいるうちは

気付かないかもしれません。

 

 

その者は、

毎週のように僕の家に

『いっしょに遊ぶ』名義で来ていました。

 

 

 

運を吸っていた者。

www.healing.fit

運を吸われていた僕。

 

 

 

 

お互い、当時は気付かなかったのでしょう。

 

 

その者が僕の家に来ていたのは、

運を吸えるからだ。

当時言葉にできるほどの実感はなかった。

 

 

その者は、

それはそれは心地良く感じたことだろう。

 

 

 

流れとして

前日にその者から電話がかかって来て、

『いっしょに遊ぶ』約束をする。

毎週決まった曜日になっていたこともあり、

反復効果も作用し、

断るに断れない。

 

『いっしょに遊ぶ』内容は、

その者が持って来たゲームを

その者が遊んで、

僕はそれを眺めて、《いいね》と言う。

 

お気付きだろうか?

その者は、僕の家でゲームをすれば、

ほぼ自動的に《いいね》がもらえるのだ。

 

インスタなどで《いいね》をもらうのは

人の本能的部分で、”愉しい”

 

このことからも、

その者にとっては、それはそれは愉悦だったとこだろう。

僕の家に来ることで

《いいね》をもらえて、運も吸えるのだから。

 

 

 

反面

僕からすると、

休日にゲームできる時間が、単純に半分になる。

毎週貴重な休みの1日が無駄になり、運を吸われるだけだ。

ちなみに

その者も車に乗っているが

警察には捕まらなかったそうだ。

 

f:id:healingfit:20180922094656j:plain

 

やがて僕は

その者から逃れるため、

正体のわからぬ呪いから逃れるため、

計画もなにもなく、家出するのです。

それらの出来事は文章にできるようになったものから、公開していきます。

 

 

 

 

 

そういえば、

僕が北海道へ脱出したのは、

僕が、その者へ、

口でなにかを言うことなく、逃げるためでもありました。

 

その者は、僕の(脱出の件だけでなく)言えないみじめさを見抜いており、

都合よく利用していたのかもしれません。

 

 

さあ、今回のタイトルはなんだった?

 

あなたの友達は、あなたの運を吸い取っていませんか?