healingfit

ヒーリングフィット

ストレス

休み明けが辛い。やる気が起きない。イライラ。落ち込む。ミスをする。受験、試験で緊張する。こんな経験はありませんか?
心とカラダのバランスを整える「ジルジレットセロトニン」がおすすめ。

 

 

 

 ストレス社会ともいわれるが、

その社会を構成してきたのは人だ。

細分化して考えてみましょう。

1人の人間の抱えるストレス

 

f:id:healingfit:20180814085824j:plain

 膨大であり、抱え続けるのは、

不要の荷物を持ち続けるようなものであり、

 

重い。

出来れば、軽くしたい。

放置できるところがあれば、

置き去りたい。

捨てられるところがあれば、

捨ておきたい。

不要なものが無くなって、

軽くなれば、楽になる。

 

 

 ただ、この荷物は物理的なものでなく、

人間の内部のストレス

ストレスという荷物を処分しようにも、

不用品回収に出してしまう。といった確かな方法が無い。

 ストレス処分方法は人により不確かであり、

他人に渡してしまう。

という方法も存在する。

 

f:id:healingfit:20180814090007j:plain

 

 でもちょっとまって。

 ストレスを処分するために人に渡してしまう。

ということは。

 人にストレスをぶつけているということ。

ストレスを渡しやすい人間がそこにいたかもしれない。ストレスをぶつけやすい人間がそこにいたかもしれない。

でもね。

ぶつけられた人はどうなるの ?

自分以外のストレスをも抱えた人はどうなるの?

 

 

 

 

 

 

 

  1人の他人にぶつけられたら。

f:id:healingfit:20180814090709j:plain

 

 

 

 

 

 

まして、それが複数重なったら。

f:id:healingfit:20180814090100j:plain

 

 

 

 

 

 ましてや、多くを抱えたその人が、

重くなった荷物を他人に、ぶつけられない優しい人であったら。

 

 

 

 

 

 

 

 抱えられるものは無限ではない。

限界を超えて重くなると、

死の直前になって、はじめて気づく。

f:id:healingfit:20180814090741j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこが家の中であれ、会社の中であれ、

その個々の世界の中で、

ストレスがさも流通品かのように動く様は、

ぶつけられている側の人間がよくわかっている。

 

 もっと言えば、

底辺の人間がよくわかっている。

 

 ということは。

 傾向としては、

 上層部の人間

(と一言で言っても、状況としてはさまざまだろうが)は、

 自覚もなく

(自覚があってやっているとしたら、なお酷いが)、

 部下などの人に自身のストレス

 ぶつけている。となる。

 

 

 

 

 

  さて、身の上話となるが、

  私は底辺側の人間だ。

  少なくとも上層部ではない。

  本記事の通り、

他人のストレスを渡され、

それも無数にぶつけられた側の人間だ。

 

  これまで私にぶつけてきた者達。

キサマラヤリスギダ

f:id:healingfit:20180814090825j:plain

あなたにあるハズのものを返してやろう。

もちろん。

利子付きで。

f:id:healingfit:20180814090850j:plain