healingfit

ヒーリングフィット

ゲーム貸して、いいよ♪

 

 高校入学してすぐの話。

 

『友達になろう』

と言ってくれた”その人”がいました。

 

周りのほとんどの人は、初めて見る知らない人ばかり、その中で、

『友達になろう』

と言ってくれた”その人”がいました。

嬉しい感情だと思ったはずでした。

 

 

 

ほどなくして

(6月頃だったと思う)、

“その人”から、

『ゲームを貸して欲しい』と言われました。

 

当時手元にあったのは、

 

ドラクエ6

ドラゴンクエスト6 幻の大地

ドラゴンクエスト6 幻の大地

 

 

クロノ・トリガー

アルティメット ヒッツ クロノ・トリガー

アルティメット ヒッツ クロノ・トリガー

 
クロノ・トリガー

クロノ・トリガー

 

 

どちらも当時スーパーファミコンのそれ。

 

 

かつて、中学なりに精魂込めて、遊び、キャラクターを育て、育てられ、彼らと苦楽を共に生活した思い出、、、、

 

 

 

 

 

 

“その人”もゲームしたいんだなと、思った。

実際ホントに楽しいから。

 

スーファミのセーブデータどうこうよりも、

『友達になろう』と言ってくれた”その人”が、ゲームで遊びたいと思ってるんだから、

  貸してあげた。

 

 

 

翌日(数日後)ほどなく、

“その人”から

 

『売った』

  と、聞かされた。

 

『けっこう高く売れた』

  と、聞かされた。

 

『いいカネになった』

  と、聞かされた。

 

 

僕は”その人”から、

なにを聞かされているのか、わからなかった。

 

なんのことか、わからなかった。

 

ウソかホントか、わからなかった。

 

、、、ホントだった、、、、