healingfit

ヒーリングフィット

呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪

ビンボー人も富豪も関係ない。

数字の概念の外にある

呪い

僕の体内にあったものだ。

死んでるように、とはいえ、生きてることになってたから、

今もギリギリ僕の体内にある。

平成だ?発展だ?新元号だ?

のぼせ.浮かれるまえに、

その裏にある世の膿が見えなかったのか。

誰1人として、それを見ず、処理しなかった、

世の膿は、凝縮され、ただ1人に、

呪い

として、宿っていた。

呪いを世にばら撒いてやる。

75億人だか80億人だか知らないが、

誰も見たことがない、感じたことのない、

未曾有の呪いを、その身に宿せ。

僕の体内にある呪いが、

仮に80億の呪いだとして、

80億人に分散すれば、

1人、1呪い。

『ヘッヘ~~よゆ~だぜ~~』

と思うかもしれない。

残念。

僕の体内の呪いは、

そもそも数字の概念の外にあるものです。

そして僕自身、

なぜそれが数字では計れぬ、未曾有の膨大な呪いであることがわかるかは、

これまでの38年以上を通して感じたことであり、

理屈ではありません。

そうしてこれまで、世の膿を見ないことにしてきた人々へ、

世の膿を、

見ないことにして、

僕に丸投げしてきた世の人々よ、

世にある呪いをその目で見て、その身体で感じよ。

ブッ潰してあげます。

プラスマイナスゼロ運の人もそうですが、

特に

プラス運の人達へは、

手厚く叩き潰してあげます。

運に恵まれず、呪いを宿した、身体で過ごすこととは、どういうことになるか、

魂の核まで、意識の最深層へと、

世の人々すべてに、

未曾有の呪いを配布いたします。

ネチネチジワジワその爪を剥がしながら、

ゆっくり動く針でその眼球をえぐりながら、

逆さ吊りにして垂れてくる御自身の尿と糞を餌にして、身動きできず、叫んでも届かない、

嘔吐がとまらぬ悶絶を、

永遠に続く、

嗚咽苦痛を、

体感し、経験し、

人という概念ごと世を閉ざせ