healingfit

ヒーリングフィット

いじめ 事象、確率、発生構図、原点

 ほんとは

「いじめられる原因」

と言うタイトルがしっくりくるのかもしれません。

 でもそのタイトル、

 その文面で感じるのは、

いじめに遭うのは、いじめられる本人に原因があるように、感じてしまいます。

 

      え ?

    いじめられている、その本人が悪いの? 』

f:id:healingfit:20180814091523j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いじめの事象の理解

 

 いじめの理解の難しさの要因として、

複数人の体験の共有があるか、ないか。

 物事には、隣の人に

共感してもらえる。

共感してもらえない。

  の違いがあり、

  そこには”差”が発生します。

 

  ※例と混同で解説していきます。

 

 

共感ある側の構図です。

映画

f:id:healingfit:20180814091545j:plain

 

 

 

花火

f:id:healingfit:20180814091601j:plain

 

 

 

共感ない側の構図です。

(これは例でなく、事実です。)

いじめ

f:id:healingfit:20180814091624j:plain

 

 隣のその人は、

いじめられる経験をしていません。

いじめられた人の感覚がわかりません。

 実感がない。とも言えます。

 実感がなければ、共感できません。

 

 いじめられた僕の見えている世界は、

僕にしか、わかりません。

 

 いじめられていることを周囲に発しても、

周囲の人には、イマイチしっくりきていない。

 実感がない。とも言えます。

 実感がなければ、共感できません。

 

 周囲の人に、理解してもらえない。

 周囲は人は、実感できない。

 その理由が、解説の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いじめられる確率(割合)

 

 いじめられるのは世界の人間すべてではありません。

すべてどころか、極一部です。

    例えば

 10人の中の1人

    例えば

 100人の中の1人

 “その場”たった1人が、いじめ受けます。

極一部のたった1人が、

ある種の、世間のを背負っています。

 

 

 どのように、いじめは発生するのでしょう。

僕自身の経験から、体感的に

いじめられる確率は10%

 

 

 最悪なのは

幼少期からいじめられ癖が付いてしまうこと。

 

 この、いじめられ癖は、抜けないです。

 

 中学、高校、世間に出てからも。

 ずっと蝕む。

 

 確率的数字としては低いと思われる10%が、

行く先々、”その場” ”その場” で、

悪質な10%が常に付き纏いました。

 

 身体に根付いていた、いじめられ癖は、

37年、僕をずっと蝕みました。

 どのように、いじめは発生するのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いじめ発生構図

 

 なぜ、いじめは発生するのでしょう。

いじめ発生の種はどこにあるのでしょう。

 

10人が目的地に向かって歩いていて、

9人は右から行ったけど

1人は左から行ったとします。

f:id:healingfit:20180814091705j:plain

 

 左から行った1人は、

混乱させようとか思っていません。

別に悪意があるわけではないのです。

 

 たまたま、そうなったのです。

 

  右の9人から見ると、

 

 左の1人のことが異質に見えてしまい、

人間の性質、未知を恐怖に感じる本能に従い、

  9人の感じる異質はやがて、恐怖となり、

 9人は自身を守るため、恐怖を遠ざけるため、

異質のレッテルを貼られた1人は、いじめられる。

f:id:healingfit:20180814091727j:plain

 いじめの構図が出来てしまえば、

 そのあとは、

人間の成長本能に従い、

いじめ構図そのものも、成長してしまう。

いじめがエスカレートする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜこのような記事が書けるか

 

 僕自身、いじめ構図が肥大化し、エスカレートしたものを

一身に受けてきた人生だったからです。

 

 いじめられた僕の見えている世界は、

僕にしか、わかりません。

 いじめられるのは辛いので、やがて僕は周囲と断絶するための壁を構築します。

その壁は、僕以外の周囲から見て、

異物のように見えてしまいます。

f:id:healingfit:20180814091758j:plain

 異物もまた、いじめを誘発し、

いじめを断絶するための壁も、さらに高く、頑丈にしても、

エスカレートしたいじめに、容赦なくその壁も砕かれました。

その度に傷は深くなりました。

 

 僕も、タチの悪い傷を負ったままで、壁を補修し改善を拵えるものの、

さらに勢いを増して成長し、エスカレートした、いじめに、

 再び粉砕されました。

 

 

何度も、

何度も何度も何度も、

繰り返し、

やがて疲れ果て、

諦めて、

死の直前になって、

ようやく、

晒せました。