healingfit

ヒーリングフィット

いじめ 膿、罪、未知への理解

 いじめに関して、

 2種類に分けることができます。

いじめている側の人間がいます。

いじめられてきた側の人間がいます。

 

 

 

 

 大多数の自覚の有無にかかわらず、

世間の人間は、いじめている側の人間が数として、圧倒的に多いです。

 

世間の人間は、いじめられてきた側の人間は数として、相対的に少ないです。

 ましてや、僕のように幼少期から、いじめられ癖が付いて、慢性的に、いじめられ要員になってきた人間は僕以外に、どれだけいるでしょうか?

 

 


 

 

 いじめられてきた人間は、

 世間のを背負っている。

そのは、息苦しいモノ。

     重苦しいモノ。

を押し付けられて、断ることもできぬまま、

降ろすこともできず、処分もできず、

大多数が見ないことにして、誰かに押し付けた膿。

 

 

 

 

 

 いじめている多くの人間は、

 世間のを背負っている。

本来ならとは、裁かれるものだが、

を償え。とは言わない。

を償わせようとしたら、

世間の大多数の人間を処分しても飽きたらぬ。

 

 


 

 

いじめられてきた人間の見てきた世界を、

いじめている人間は、共感できない。

 

 


 

 


 

いじめられてきた人間は、

 自身を保つため、隣の人に共感してもらえないと分かった上で、それでも自身を保つために、

声や音を発しています。

いじめている人間から見える、

異質な壁の向こうから。

 

いじめている人間から見て、

 そんなことあるわけない。と思える話が、

いじめられてきた人間には、

 現実に実際に起きています。

  聞いてあげて。

 それを聞かされる人間からすると、

まして自覚有る、いじめている人間からすると、

耳の痛い話かもしれない。

再び恐怖を感じるような、

意味不明な声や音かもしれない。

聞く気になれないかもしれない。

 

  でも、聞いてあげて。

 もしかしたら、その声は、口から発する声としての音では、ないかもしれない。

音がないのに、どうやって聞くの? とか思わないで。

  聞いてあげて。

 もしかしたら、勇気を持って、それはとても小さい声かもしれないけど、発することができるかもしれない。

  聞いてあげて。

 

 もしも、それすら聞けぬと言うのなら