healingfit

ヒーリングフィット

誘惑勧誘セール電話借金事件

 

f:id:healingfit:20180917100515j:plain

f:id:healingfit:20180917100536j:plain

f:id:healingfit:20180917100551j:plain

f:id:healingfit:20180917100602j:plain

f:id:healingfit:20180917100615j:plain

 

 

「キモ。ちょろいもんだ。」

「キモ。さっさと書面仕上げよ。」

 本音はこんなもんかも知れません。

 

 

 でもそのときって冷静に相手の本音を探り見抜くなんて、できるものではありませんでした。

 

モテない。

彼女無し。

女性に免疫無し。

20歳頃で、

女性が気になって、

彼女欲しくて仕方ない発情期。

急に電話かかってきて、『お話ししよう』なんて言われて、

綺麗な女性に頼りにされたら断れませんよ

 

 

 

 

 

 経過はどうあれ、

フルタイムで働いて、

得られる給料は

月に実質2万ほど。

 

 風潮に流されるまま購入した車。

250万ローン。月に5万返済。

  +

 世間という獣のカモにされたキモオタが

断る間も無く購入した不用品。

200万ローン。月に4万返済。

 

 約10万給料に、9万マイナスで、実質手取り2万です。計算が不自然なことからもわかるかもしれませんが、実質手取り2万も、”多く見積もって”です。

 

 仕事をして月10万給料だとしても、

報酬をもらって、生活して、、、

といった普通の構図が、

周囲と同じような仕事をして、

せいぜい2万…

 

 欲しいものは買えないし、

遊ぶにしても周囲とは差があり、

 言うに言えず、

 ストレスは溜まる一方。

 

世間に出て、

社会人としての暮らし、見える世界。

 

  僕はそれらは

学生ポジションを卒業し、世間に出てすぐに、

絶たれた。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 学校での

 学生ポジション

 世間での

 社会人ポジション

  まったくの別物です

 

 

 そのことを、

多くの人は本能感覚的に、理解しているものなのかも知れません。

 そのことを知らないまま、

 そのことを理解しないまま

過ごしていると、こうなります。

 

 

 

 

 僕は昔から

(最近思うのですが、人は歳をとると自然と『昔から』という言葉を使うようになるのかもしれません)

俗に言う

『いい子』だったと思います。

f:id:healingfit:20180917100636j:plain

f:id:healingfit:20180917100650j:plain

 

社会に出ると

学生までの頃とは、別物となります。

僕 はーい。、いい子で優等生。

 その感覚のままでいると、

世間ではすぐに剥がされます。

 

上記構図にて、

どこから世間に入ったか、

皆さんはわかりますよね。

僕は当時わかりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 学生の不良と言われる方々が、学校の勉強はできなかったのに、世間に出ると成功するとこが多いのは、

学生と世間は別物という、”その差”に早めの若年期から、本能感覚的に気づいているせいかも知れません。

 

 僕は不良ではなかったし、

勉強やスポーツができたわけでもなく、

周囲の声をただただ聞く、

 仮初めの優等生。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

文頭にある

か っ て ❤️

は〜い❤️❤️❤️❤️

の構図の詳細です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 高校を出て、学生ポジションを卒業し、1年ほどして

とある電話がかかってきました。

 若い女性でした。

モテない彼女無しの女性に縁無しの冴えない男でしたが、当然性的な欲求はあります。

 そんな男に女性の方から電話のお誘いがありました。

 

 20年ほど昔のことなので、うろ覚えですが、

電話の内容は

『いまなにしてる?  私は…』

『いまいる場所が◯◯で~ 』

『会える?  会おう。』

  と、こんな感じだったと思います。

 

 この電話をきっかけに、この女性と付き合えるのかも知れない。

僕の順番が来たのだと解釈していました。

 

 冴えない男に女性の方からお誘いがあり、2人で会おうと言うお誘いの電話。

 断るという選択肢は存在しませんでした。

 

 綺麗な女性が目の前にいて、レストランでの食事。

先程電話で話したばかりの女性とトントン拍子で話が進み、これはデートというやつではないのか。

 綺麗な女性は、仕事として商品を売るためだけに、僕を誘ったことなど、僕は思いもしませんでした。

 

 可愛い女性との話では、結婚なんて言葉まで飛び出しました。僕は結婚という言葉をそのまま信じる一方、可愛い女性にとっては、もちろんただのセールストークです。

 

 

 ローンを許可するのは少し迷いましたが、

 だって頼まれるし。

ノルマ的な売り上げ成績悪いから、助けて欲しいと頼まれるし、

その成績もホントに悪かったのか、

ただの策だったのかはわかりませんが、

 

借金するのは、後々お金持ちになるために必要なこととか、通り道とか、

芸能人達もテレビで言ってるし、

そういうものなんだと解釈しました。

 

可愛い女性が僕にか っ て ❤️

とおねだりして甘えてきて、

頼りにしてくれている(僕視点でそう見える)のと、

 芸能人の借金からの大成功。みたいな話。金は天下の回りものという話。

 これらもテレビで見た記憶があり、そういうものなのだと解釈しました。

 

 

 

 

これまで綺麗な女性と可愛い女性と記事内にあります。

 これは間違っているわけではなく、

 別々の女性です。

同じような仕事の女性による巧みな誘惑によって、別々の会社、別々の商品を、購入してしまいました。

 1回目が綺麗な女性。

 2回目が可愛い女性。

どちらも断る間も無く購入した不用品。

前半文面にあった、

200万ローン。月に4万返済。というのは、

さらに内訳として、

80万ローンと、120万ローンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

 

なぜ僕に電話がかかってきたのか??

 

 

 前提として

幼少から僕はよく漫画を見ていて、

漫画の登場人物(主人公たち)は、

中学高校になると当たり前のように、さも自動的かのように、彼女ができている。

そういうものだと思っていた。

高校卒業してもいないのは変だな?と思っていた。

そこに電話だ。

その電話を疑う? 防ぐ? 

それらの選択肢は存在しなかった。

 

 

 

  それに加えて

これは100%僕の予想ですが、

 

 僕は仮初めの優等生とはいえ、

高校時代だけは同学年内において、活躍していた方だったと思います。

 僕自身、自覚はありませんでしたが、

俗に言う《調子に乗っている奴》だったかもしれません。

 知らず知らずのうちに、

妬みを受ける側の人だったかもしれません。

 

 実際に僕を妬んだ誰かが、

仮初めの活躍の裏の実態も、実は、

あいつ(僕)は、女性に免疫無しや、醜く、ただの冴えない男のくせに、目隠しの優等生として祀られているだけだと見抜いた誰かが、

僕のその後の人生をぐちゃぐちゃにするために、

 卒業アルバムを名簿屋に売り、

僕をターゲットとして伝えた誰かがいた。

のではないか。

 

僕の予想が当たっているかどうかは、わかりません。

綺麗な女性と会社の名前。

可愛い女性と会社の名前。

どちらも忘れました。

それぞれの明細もありません。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

ローンを受けた20年前からか、

さらにそれ以前からか、

“それ”

ある種の”呪縛”だか”運命”だか知らないが、

苦しみ苦痛苦悩だけは、吐くほど浴びてきた。

社会世間の生き方を知らぬまま、

ぐちゃぐちゃになった人生と、癒えぬ傷だけ残りました。

 

 

ブログは僕自身の傷をせめて少しでも浅くなればと、

healing.fit と名をつけました。

 

みなさまは

僕のようなどうにもならん人間を

二度と

世に作られませぬように