healingfit

ヒーリングフィット

被害妄想か現実か

被害妄想現実

 

 

現実というと正論

のように聞こえます

被害妄想というと虚言

のように聞こえます

 

 

 

 

 

 被害妄想が暴走発狂して、

暴れて吠え狂ったところで

 なかなか現実の一般的感覚の人には理解しにくいものです

 

 

 

周囲の一般的感覚の人には

※例①

またそんなこと言って

また駄々こねて

辛い経験なら私だってあるし

みんな同じでしょ

 

 

など

とイマイチ響かない

暖簾に腕押し。

 

 

 

 

健全な一般的感覚の人と

被害妄想の人は

現実の見え方が別物です。

 

 

 

 

 

 

 

※例②

普通の飲料水でも

健全な一般的感覚の見えているそれと

被害妄想の人の見えているそれは

別物です。

f:id:healingfit:20180905151255j:plain

 

同じ飲料水でも、

見え方が別物ですよね。

 

 

 

 

※例①の

辛い経験なら私だってあるし

は正しい

みんな同じでしょ

は間違い

 

 

 

被害妄想というのは

普段なんともなくても、

あるとき突発的に起きるものなのです。

 

 

 

 

 

突然自身の中で起きる

これまで受けた現実被害の復讐のため

世界を壊せる被害妄想を

現実にしてはいけないと、

自身の衝動を抑え込むのも

重い疲労、悪質な疲労を伴います。

 

 

 

 

 

 

強烈な被害妄想が起きてしまう。

ということは

その背景材料となる、

現実の出来事があったはずです。

www.healing.fit

www.healing.fit

www.healing.fit

ほぼ最低賃金で

周囲のガヤを聞いて

真面目に努力しガヤに尽くして

頑張る仕事をして

自覚ないままに無理して頑張って

自覚ないまま身体は壊れはじめ

違和感あっても平静装い頑張り続け

やがて病も重症となり・・・

 

 

 

 

 

辞めるべきだとわかっていても

 

 

心理的に

追い詰められると

逆に辞められなくなる。

 

 

いじめられているのも事実だし、

いじめられてるなと感じたその感情も事実。

それに耐えて平静を装って頑張っているのも事実。

1年や2年だとしても、

いじめを耐えしのぎ、頑張ってきた。

僕をいじめる人達も、このまま仕事を続けていけば、

いつかは、やがていつかは。

ここで辞めては1年や2年だとしても、耐えて、頑張ってきた期間が無駄になってしまう。

まだ辞められない。

 

 

辞めるべきという判断をできないほどに

追い詰められているのです。

 

 

 

転職を繰り返すと

出会ってはいけない人

と出会う確率が上がります。

 

 

 

 

 

 

 

いじめられる事象が発生してきたのは事実。

 

自身がいじめられている出来事が、フラッシュバックするのが妄想。

 

どちらも突然であり、自身ではタイミングが取れない。

 

 

www.healing.fit

 

突然、いじめられる事象は、不意に起き、自身には対応できない。

同じように

突然起きて、

消えない過去の、嫌な記憶がフラッシュバックするのが妄想。

 

 

 

現実時間軸に起きるいじめは耐えしのぎ過ぎるのを待つ。

不意な時間軸に突発的に起きる妄想は、同じく妄想で相手に復讐する。

 

 

 

 

 

 

 

ジェスチャーや、

声にならぬ声で、

これまでの怨恨みを

何倍にもして

相手に叩きつけ

おもいしらせる

猛烈な殺意の復讐。

突然自身の中で起きる

これまで受けた

現実被害の復讐のため

世界を壊せる被害妄想を

現実にしてはいけないと、

自身の衝動を抑え込むのも

重い疲労、悪質な疲労を伴います。

仕事中も

休みの日にも

脳を覆い尽くす

猛烈な殺意

仕事で毎日見る下品下衆

迷惑撒き散らし自覚無しの

近所の脳無し

妄想殺意で

なんども殺した

 

 

 

 

ほら。妄想のはずが現実ほどの濃さになってきた。

 

長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて長く溜めて

 

この怨恨みは本物だし。

怨恨みが物質としてそこにあるほど本物だし。

 

 

悪質な記憶やいじめられた経験の質量の大きさや、経験の数の多さが、あればあるほど、

妄想も頻繁に発生します。

 

 

 

 

突然自身の中で起きる

これまで受けた現実被害の復讐のため

世界を壊せる被害妄想を

現実にしてはいけないと、

自身の衝動を抑え込むのも

悪質な疲労を伴います。

突然、前触れなく起きるので、対応のしようがありません。

 

 

頻繁に起きる妄想に苦しめられるその人は、やがて、

健全な一般人から見ると、

被害妄想を持つ変人。のように見えてしまい、

その構図はさらなるいじめを誘発する。

被害妄想を持つ変人にとっては、さらに自身を蝕む妄想材料が増えてしまい、変人も重症となる。

 

www.healing.fit

 

 

 

悪循環の螺旋はいつまでも廻り続ける

声にならぬ声では、

悪循環の螺旋を止められない。

悪循環の螺旋とは世間そのもの。

悪循環の螺旋世間を砕く資格者は、

俺だ。