healingfit

ヒーリングフィット

すまん、育て方間違えた。(はあ!?)

 

 

f:id:healingfit:20181113110050j:plain

 

 

 

記憶では、

 

 小5 ~ 中学にかけて、

父親に言われた一言です。

 

それが

冗談なら、まだいい。

(それでも酷いが、、)

 

 

 


 

 

この場合、

  僕の場合、

 

ホントのマジメにガチヤベェ、

 

f:id:healingfit:20181113110050j:plain

  なのです。

 

 

 

 

 

父親もどうにも言いようの無い、

どうしようもない、

焦燥感があったのかもしれません。

 


 

僕を塾だ習い事だと散々転がして、

 

当たり前に暴力振るって顔殴ってブサメンにした

 

 挙句、

 

f:id:healingfit:20181113110050j:plain

 


 

あるとき父は(、、、しまった、、)と思ったのでしょう。

 

耐えられなかったのでしょう。

 

都合のいいハガキ一枚残して、

f:id:healingfit:20181113110139j:plain

  家出をしていきました。

 


 

 

 

 

約30年前の、

f:id:healingfit:20181113110050j:plain

 

 

 

 現在38歳であり、長らく忘れていました。

 

 ここ数年の混乱により、

近況問題の混乱喧騒もそうだが、

深層の根っこの記憶も呼び起こされました。

 


 

あれもこれも全部、

全部全部全部全部全部全部

ひっくるめて、思った。

 

そもそも僕は

まともに生きられる人じゃなかった。