healingfit

ヒーリングフィット

学校授業テストなどの良い点で優等生。そのままで社会に出ても役に立たない。

少し昔話です。

学生期と社会人の転換期となる高校時代。

卒業し工場に内定はありました。

高校生として毎日出席して真面目に勉強する生徒。

連立方程式も答えられた優等生。

優等生として学校代表として、ちょっとした農業大会に出たこともあった。

(結果は散々だったが)

学生として、その学校内で、なんでもできるいい子。

 

卒業し、工場勤務となる。

社会人となる。

必要なものは、、

 

・パソコン

・お金の感覚

・クーリングオフ

・コミュニケーション能力

・工場であれば機械のメンテナンス

・などなど

 

社会人となるその直前まで、何してた?

学生として毎日登校して、連立方程式を解き、授業内容をノートに丸写しして、

それでなんでもできる優等生だと持ち上げられていたのだから、たまらない。

優等生だし、準備できていると思われていた。

実は

なにも知らない。

なにひとつわからない。

授業のテストで良い点が取れていたとしても、

社会人として必要なものは、

なにひとつなかった。

 

・パソコン

  (学校授業にない。教えられてない)

・お金の感覚

  (学校授業にない。教えられてない)

・クーリングオフ

  (学校授業にない。教えられてない)

・コミュニケーション能力

  (学校授業にない。教えられてない)

・工場であれば機械のメンテナンス

  (学校授業にない。教えられてない)

・などなど

 

生まれつき感覚でわかる人にとっては、

言うまでもなく当たり前の話なのかもしれない。

・パソコン

・お金の感覚

・クーリングオフ

・コミュニケーション能力

・工場であれば機械のメンテナンス

・などなど

知らない人は、ことごとく、知らない。