healingfit

ヒーリングフィット

2000万 年金 貯蓄 なかったとしても


高齢者は免許返納しろと言うわりに高齢まで働けと言う。

 

2000万が必要らしい。

1年で100万 x 20年で 2000万といった計算だろうか。

政府は個々人で資産運用することを勧めるらしい。

年金制度が潰れてきているから。

 

 

 年金制度が始まった当時の平均寿命は、47歳。

 

(60歳以前だったということは、若年からそれまでかけていた年金は、、?)

(以前は年金かけていたけど、寿命の関係で恩恵をもらえない人が多かった)

(寿命が伸びてきて、恩恵をもらえる人が多くなった)

(寿命が伸びるということは、必然的に高齢者が多くなる)

(多くなった高齢者のための年金を支出するには、一定数の若者が働き年金を払う必要がある)

(年金を払い続けてきた年配にとって、年金配給が想定以下になるのは、おもしろくない)

(大前提として若者が一定人数要ることが必要になる)

(いろいろな要因から、子育てが、非常に面倒な事。というのが浸透している)

(面倒な事はやりたくないので、子育ても、ましてや子作りしない)

(たまたま上手くいって若者が育ったとしても)

(それ以上に邪魔臭い糞迷惑な年寄りによって、働く気がなくなる)

(その他、さまざまな害的要因によって、働く気がなくなる)

(いつの時代も今時の若者は、、と言われる。なぜか誤解される)

(面倒なことを無理に続けるとは違う。頑張るべきことは頑張る)

(ですよね。元凶世間様)

 

 

例えるなら

年金という紐が擦り切れて細く細くなっているイメージです。

 

f:id:healingfit:20190609111653j:plain

1ヶ月 10万だったものが 7万になり、5万になり、やがては1万になるかもしれません。

1ヶ月 1万 !?

日々お金を使いに使っている政府関係者に、1ヶ月 1万生活をさせたらどうなるだろうか?

空調が一切無い部屋で、生涯暮らすとなったら、どんな顔をするだろうか?

暑い中、雨の中、避難地も無く奴隷を強制されたら、どんな顔をするだろうか?

1週間に一度だけの風呂と決められ、それもドブ風呂となれば、どんな顔をするだろうか?

生活環境が違いすぎるから、その実感と体感を自らの身に降りかからせないと、

政府はわからない。

 

 

 

口ごもり、説明がしにくい政府は、

金融系の考えだけで、素人に投資を促しています。

私は投資として300万ほど預けたものが、

結果として、150万になってしまいました。

訳がわからないまま、(ー)マイナス150万になっています。

 

 

政府『投資などで資産管理をしましょう』

つまり知識も何も無い素人に、日々の生活の中、

たまたま"都合が良かった日"から株とかFX、仮想通貨などで、資産形成してください。

と言っています。

 

知識が何も無いこと自体は、悪でも罪でもない。

 

知る機会もきっかけもなければ、そりゃあ知らぬさ。

 

皆が通う教育現場に、

投資や

FXや

仮想通貨や

お金の話の、

教育があるか?

 

 なぜそれらの教育(授業)ができないのだろうか?

一説には、財政がやってくれないらしい。

 

では、財政関係を叩き潰してやれば、解決するだろうか?

 

歳をとってから、急に改めて冷静に投資の知識を付ける以前に、

日々の仕事などでの復讐心が満載なのです。

そんな状態で、まともに正しい知識が吸収できるはずもない。

 

運の良い"都合が良かった日"に当たればいいが、

どれだけいるだろうか?

日々の生活の中で、最悪のタイミングの"都合が良かった日"に当たった運が悪かった者達はどうすればいいんだ?

 

 

 

 

まあ、いいんじゃないか?

手を汚すことなく溢れ過ぎた人が少なくなる。

 

消える人は、生活費が尽きたり、運が悪かったりする者達となろう。

 

知識があり、運の良かった者達が残る世間になり、

世界は成長するのだろう。

 

      ただ、

 

死なばもろとも

という言葉もある。

 

散っていった同盟者達を追悼する。

 

私が最強。

奢るな糞世間殿