healingfit

ヒーリングフィット

警察に連行された際の言葉そのまま 犬ガキ騒音 植木鉢編

 

 

仕事ではまわりがうるさい50代後半ババアが大勢でグダグダ無茶振り遠慮なし。

さらにそこにいた1人2人の若い女性を餌に、散々泳がされたあげく、崩壊し、無かったことに。

帰宅後の住居でもガキだの犬だの意味わからん騒音だの。

近隣の毎日途切れぬ騒音も、集中して仕事できない原因のひとつだった。

状況。

 

 

 

 

 

 

擦り切れ最後の糸が切れたことで、

仕事を辞めてほどなく。

 

 

 

自宅で静かに暮らしたいところだが、変わらず騒音垂れ流しの近隣宅に、我慢の限界となった。

そのへんに転がっていた植木鉢を、その家に投げつけてやった。

(植木鉢を投げつけるだけで済んで、むしろ良かった。少しずれていれば、凶器を持ち、怒りのままに、殺人事件となっていた可能性も十分にある心理状態だった)

 

 

それを通報され、

俺は警察に連行された。

 


警察署の取調室で、言った事をそのまま記す。


 

 

 

警察はこう聞いてきた。

『なんで仕事辞めたんだ?』

 

俺はこう答えた。その事実と状況を、我ながら上手く答えれたと思った。

 

f:id:healingfit:20190216092256j:plain

 

 

f:id:healingfit:20190216092311j:plain

 

 

f:id:healingfit:20190216092324j:plain

もし今も仕事を続けていたら、

+嫌な疲れ方が、いつまでも、際限なく溜まり続ける。

それを断ち切ろうと思ったら、

それこそ破壊する方法しかない。

 

 

警察は

『引っ越せ』と言った。

それは別に怒鳴りながらそう言ってきたわけではなかった。

引っ越す事自体は、俺も同意だった。

だが、

今日明日で出来る話でもない。