healingfit

ヒーリングフィット

"その子"のために、召喚獣として手伝って、盾として、歯車となって、

 

"その子"

f:id:healingfit:20190209104008j:plain

やっと、

やっっっっっっっっっっっっッッッッッッッッっっと、、

毎日職場で目の前で仕事する状況となった。

"その子"と年頃的にもちょうど良い。

これは自然に"その子"は彼女になってくれる状況だと思った。

 

 

ただ、その職場環境状況には、多々問題があった。

その大勢の50代後半以上の女性達は、具体的になにが原因か分かっていないまま、

ギスギスしていた。

 

そんな環境だったが、俺にとっては、

"その子"

やっと、

やっっっっっっっっっっっっッッッッッッッッっっと、、

毎日職場で目の前で仕事する状況となった。

"その子"と年頃的にもちょうど良い。

これは自然に"その子"は彼女になってくれる状況だと思った。

 

もちろん男と女なので、

あわよくば、、!! という心もある。

30と数年、縁が無かったのだ。

散々待たされたのだ。

これはもう、、!! という心も当然ある。

 

お局(おつぼね)的ババアから、

若い子は少ないこともあり、

酷い扱いというか、"その子"もまたいじめられていたことを感じていた。

 

 

 

"その子"は、

(ほぼ確定の)彼女候補なので

なんとかして守らないとと思った。

 

 

俺は"その子"のための召喚獣になりたかった。

f:id:healingfit:20190209100617j:plain

www.youtube.com

俺は"その子"のための盾になろうと思った。

当時の称号として、ロードオブアイアンを持つものとして。

f:id:healingfit:20190209100640j:plain

盾形ジョブの能力をそのまま活用し、

"その子"の盾にもなれるかと思った。

 

"その子"は"彼の姉"さんと、共通点が多かった。

2人姉妹の姉であること。

髪型が似ていること。

過酷な環境で頑張って仕事していること。

f:id:healingfit:20190209100712j:plain

多くが50代後半以上の女性が大勢いる職場環境なので、

それらだけに任せると、どうしてもグダグチャグダグチャした仕事になる。

『そうじゃないんだよ』

と言いたかった。

 

なぜ潤滑に仕事が機能しないかは、抽象の話ではあるが、歯車的なものが無いと思った。

理解に乏しい50代後半以上の女性が大勢いる状況では、確かにその発想は発生しない。

歯車が要る。

f:id:healingfit:20190209103819j:plain

召喚獣もロードオブアイアンも歯車も、

どれが最優先、ということでもない。

ぐるぐるぐるぐる。
 

 

 

 

 

 

 

 

など、いろいろ示したが、

年代の差はあれど、"その子"もまた女性同士であることもあり、グダグチャグダグチャした仕事であっても、

女性同士でそれを盲目的に信じている感じがあった。

『そうじゃないんだよ』

と言いたかった。

 

 

必要以上に疲れる仕事をしているから、50代後半以上の女性がどうしてもグダグチャグダグチャした仕事の老廃物が発生する。

本来の仕事の他に、大勢ババアの老廃物の処理をしないといけなかった

その処理の労力は疲れるなんてもんじゃない、、、、

 

やがて"その子"にも拒絶され、、

 

"その子"の感覚も

俺が言葉よりも行動で示した、あるべき仕事要領よりも、

従来の

50代後半以上の女性がしているグダグチャグダグチャした仕事に近づいて行った。踏襲するようになった。同調していった。

女性が社会で活躍するのはいいが、

理解できない女性は、どこまでも理解に乏しいと思った。

 

 

男と女の間にある、

価値観の違いだった。

 

そうなってしまえば、

俺がいくら召喚獣としてロードオブアイアンとして歯車として

(その雰囲気を感じた奴が、からかってきて(正義の味方か??)などとからかってきたこともあった)

いくら身を砕いても、

"その子"に響くことは無い。

ましてや彼女になることは無い。

f:id:healingfit:20190209104008j:plain

そういや画像はこれだけど、

その数年、"その子"は一度も手振ってくれたことなかったなぁ

ギリギリの支えの1つだった"その子"に、(明らかに雰囲気で)拒絶され、、、、

 

"その子"を実際に彼女として成立できたのは、

同職場内、近くの別の機械に携わっている、

ジャニーズアイドルをも上回るイケメンがいた。

 

俺と"その子"は男女間が上手くいかなかった。という話ではあるが、

そりゃそうなる。という背景の出来事もある。

とても一言では言えない。

散々とんでもない痛みと、ありえない苦労を身に宿して、、、