healingfit

ヒーリングフィット

2000万 年金 貯蓄 なかったとしても


高齢者は免許返納しろと言うわりに高齢まで働けと言う。

 

2000万が必要らしい。

1年で100万 x 20年で 2000万といった計算だろうか。

政府は個々人で資産運用することを勧めるらしい。

年金制度が潰れてきているから。

 

 

 年金制度が始まった当時の平均寿命は、47歳。

 

(60歳以前だったということは、若年からそれまでかけていた年金は、、?)

(以前は年金かけていたけど、寿命の関係で恩恵をもらえない人が多かった)

(寿命が伸びてきて、恩恵をもらえる人が多くなった)

(寿命が伸びるということは、必然的に高齢者が多くなる)

(多くなった高齢者のための年金を支出するには、一定数の若者が働き年金を払う必要がある)

(年金を払い続けてきた年配にとって、年金配給が想定以下になるのは、おもしろくない)

(大前提として若者が一定人数要ることが必要になる)

(いろいろな要因から、子育てが、非常に面倒な事。というのが浸透している)

(面倒な事はやりたくないので、子育ても、ましてや子作りしない)

(たまたま上手くいって若者が育ったとしても)

(それ以上に邪魔臭い糞迷惑な年寄りによって、働く気がなくなる)

(その他、さまざまな害的要因によって、働く気がなくなる)

(いつの時代も今時の若者は、、と言われる。なぜか誤解される)

(面倒なことを無理に続けるとは違う。頑張るべきことは頑張る)

(ですよね。元凶世間様)

 

 

例えるなら

年金という紐が擦り切れて細く細くなっているイメージです。

 

f:id:healingfit:20190609111653j:plain

1ヶ月 10万だったものが 7万になり、5万になり、やがては1万になるかもしれません。

1ヶ月 1万 !?

日々お金を使いに使っている政府関係者に、1ヶ月 1万生活をさせたらどうなるだろうか?

空調が一切無い部屋で、生涯暮らすとなったら、どんな顔をするだろうか?

暑い中、雨の中、避難地も無く奴隷を強制されたら、どんな顔をするだろうか?

1週間に一度だけの風呂と決められ、それもドブ風呂となれば、どんな顔をするだろうか?

生活環境が違いすぎるから、その実感と体感を自らの身に降りかからせないと、

政府はわからない。

 

 

 

口ごもり、説明がしにくい政府は、

金融系の考えだけで、素人に投資を促しています。

私は投資として300万ほど預けたものが、

結果として、150万になってしまいました。

訳がわからないまま、(ー)マイナス150万になっています。

 

 

政府『投資などで資産管理をしましょう』

つまり知識も何も無い素人に、日々の生活の中、

たまたま"都合が良かった日"から株とかFX、仮想通貨などで、資産形成してください。

と言っています。

 

知識が何も無いこと自体は、悪でも罪でもない。

 

知る機会もきっかけもなければ、そりゃあ知らぬさ。

 

皆が通う教育現場に、

投資や

FXや

仮想通貨や

お金の話の、

教育があるか?

 

 なぜそれらの教育(授業)ができないのだろうか?

一説には、財政がやってくれないらしい。

 

では、財政関係を叩き潰してやれば、解決するだろうか?

 

歳をとってから、急に改めて冷静に投資の知識を付ける以前に、

日々の仕事などでの復讐心が満載なのです。

そんな状態で、まともに正しい知識が吸収できるはずもない。

 

運の良い"都合が良かった日"に当たればいいが、

どれだけいるだろうか?

日々の生活の中で、最悪のタイミングの"都合が良かった日"に当たった運が悪かった者達はどうすればいいんだ?

 

 

 

 

まあ、いいんじゃないか?

手を汚すことなく溢れ過ぎた人が少なくなる。

 

消える人は、生活費が尽きたり、運が悪かったりする者達となろう。

 

知識があり、運の良かった者達が残る世間になり、

世界は成長するのだろう。

 

      ただ、

 

死なばもろとも

という言葉もある。

 

散っていった同盟者達を追悼する。

 

私が最強。

奢るな糞世間殿

 

 

これをどうしてくれようか

仕事しろだとか、

状況変えろだとか、

それを知らぬ者は、さも当然の正論のように囀る。(さえずる)

 

 

 

  言えない。

   知れば言えるはずがない。

 

あいさつ さえも嫌になる。

そんな仕打ちをしてくる世間共に、どうして愛想をまいて あいさつ なんぞしなければいけない?

 

 

俺と同じものを見たならば。

 

 

 

それこそVRとかで、

あの場、

その場で、

なにがあったか、

 

俺がどれだけの復讐心を抑えていたか、

どうにもならぬ疲労感を抑えて、

なお、外見的には仕事をしていた、

その状況。

 

 

 

君に見せてあげたい。

君に体感させてあげたい。

当時の思考を君の脳に直接伝えたい。

 

 

 

 

俺だったから、ギリギリ耐えられた。

 

俺以外のすべては耐えられない。

 

発狂し悶絶し狂い倒れている。

 

 

 

『私の周りのデリカシーがなさすぎる人』

2.『私の周りのデリカシーがなさすぎる人』

さんま御殿 投稿文。


仕事場に好きな子がいて、
同仕事場に、50代後半の男性がいて、
あの子を彼女にしてやるからと言い、それを餌に僕をこき使ったが、
結局、
好きだったその子は彼女にならず、
あげく、
関係ないイケメンに取られ、見せつけられたこと。

デリカシーがなさすぎる人は、50代後半の男性

 

関西人です。

関西のクッッッッソきっっったねぇぇ、クズジジイです。

 

関西には

ドブ川と下品ヤンキーしかいません。

 

その地で生まれ育つ者もまた、

下衆にしかなりません。

 

処分すべき地区です。

 

まだある

まだある

まだまだある。

まだまだ示すべき事実がある

 

 

吐き気を感じ、湧き上がる復讐心をどうにか抑えながら、

 

 辛くて書けない

 

世間感では無実でも、

己が被害を蒙る(こうむる)経験者として、知れば、受ければ、加害者とされるべき対象となるべきクズども

 

罪を犯した犯罪者として、裁判をしようにも、

 

たしかに証拠を出すのは難しい

 

 

 

でも

 

あった事実

 

示した事実

 

まだある 世界に示すべき事実

 

知れ

 

 

呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪

ビンボー人も富豪も関係ない。

数字の概念の外にある

呪い

僕の体内にあったものだ。

死んでるように、とはいえ、生きてることになってたから、

今もギリギリ僕の体内にある。

平成だ?発展だ?新元号だ?

のぼせ.浮かれるまえに、

その裏にある世の膿が見えなかったのか。

誰1人として、それを見ず、処理しなかった、

世の膿は、凝縮され、ただ1人に、

呪い

として、宿っていた。

呪いを世にばら撒いてやる。

75億人だか80億人だか知らないが、

誰も見たことがない、感じたことのない、

未曾有の呪いを、その身に宿せ。

僕の体内にある呪いが、

仮に80億の呪いだとして、

80億人に分散すれば、

1人、1呪い。

『ヘッヘ~~よゆ~だぜ~~』

と思うかもしれない。

残念。

僕の体内の呪いは、

そもそも数字の概念の外にあるものです。

そして僕自身、

なぜそれが数字では計れぬ、未曾有の膨大な呪いであることがわかるかは、

これまでの38年以上を通して感じたことであり、

理屈ではありません。

そうしてこれまで、世の膿を見ないことにしてきた人々へ、

世の膿を、

見ないことにして、

僕に丸投げしてきた世の人々よ、

世にある呪いをその目で見て、その身体で感じよ。

ブッ潰してあげます。

プラスマイナスゼロ運の人もそうですが、

特に

プラス運の人達へは、

手厚く叩き潰してあげます。

運に恵まれず、呪いを宿した、身体で過ごすこととは、どういうことになるか、

魂の核まで、意識の最深層へと、

世の人々すべてに、

未曾有の呪いを配布いたします。

ネチネチジワジワその爪を剥がしながら、

ゆっくり動く針でその眼球をえぐりながら、

逆さ吊りにして垂れてくる御自身の尿と糞を餌にして、身動きできず、叫んでも届かない、

嘔吐がとまらぬ悶絶を、

永遠に続く、

嗚咽苦痛を、

体感し、経験し、

人という概念ごと世を閉ざせ

お金の勉強について

お金の勉強は学校では行われません。

 

お金がわかるようになるには、

 

親が子に教える。

良い友達との出会い。

運良くその他からの出会い 。

少なくともどれかひとつはないと、その人はお金を知らないままです。

運悪く、ひとつも当てはまらなかったとしたら、、、、

 

 

 

 

お金が関係すること。

 

例えば、

必要であれば月々の家賃。

光熱費。

水道。ガス。電気。WiFi。

税金。

健康保険料。年金。所得税。市民税

 

 

それらに加えて

あなたのしたいこと

 

 

うん。

それらはどうやって払うのですか?

 

 

お小遣いやお年玉だけで、それらすべて払えるなら、別に勉強しなくていいですよ。

 

仕事して得たお金を、どう扱うか。

 

仕事している親世代からすると、

当たり前すぎて、言うまでもないような話。

 

だけどその、

当たり前すぎて、言うまでもないような話。を、

実は、その子、は知らないままなのです。

 

お金の話をするなんて汚いとかの感覚は論外です。

バイトをしていなくて、お小遣いやお年玉だけで、普通に学生生活としては暮らせていて、

でも学校卒業したから、急に働くこととなると、

おそらく、それまでよりも(最低賃金だとしても)多くのお金が収入となります。

 

 

ビックリしますよ。

 

混乱してる自覚がないまま、混乱している状態かもしれません。

 

どうやって使えばいいか、わかっていないままで、、、

 

年間255講座、累計41万人以上が受講したお金の学校定番講座「お金の教養講座」