healingfit

ヒーリングフィット

警察に連行された際の言葉そのまま 犬ガキ騒音 植木鉢編

 

 

仕事ではまわりがうるさい50代後半ババアが大勢でグダグダ無茶振り遠慮なし。

さらにそこにいた1人2人の若い女性を餌に、散々泳がされたあげく、崩壊し、無かったことに。

帰宅後の住居でもガキだの犬だの意味わからん騒音だの。

近隣の毎日途切れぬ騒音も、集中して仕事できない原因のひとつだった。

状況。

 

 

 

 

 

 

擦り切れ最後の糸が切れたことで、

仕事を辞めてほどなく。

 

 

 

自宅で静かに暮らしたいところだが、変わらず騒音垂れ流しの近隣宅に、我慢の限界となった。

そのへんに転がっていた植木鉢を、その家に投げつけてやった。

(植木鉢を投げつけるだけで済んで、むしろ良かった。少しずれていれば、凶器を持ち、怒りのままに、殺人事件となっていた可能性も十分にある心理状態だった)

 

 

それを通報され、

俺は警察に連行された。

 


警察署の取調室で、言った事をそのまま記す。


 

 

 

警察はこう聞いてきた。

『なんで仕事辞めたんだ?』

 

俺はこう答えた。その事実と状況を、我ながら上手く答えれたと思った。

 

f:id:healingfit:20190216092256j:plain

 

 

f:id:healingfit:20190216092311j:plain

 

 

f:id:healingfit:20190216092324j:plain

もし今も仕事を続けていたら、

+嫌な疲れ方が、いつまでも、際限なく溜まり続ける。

それを断ち切ろうと思ったら、

それこそ破壊する方法しかない。

 

 

警察は

『引っ越せ』と言った。

それは別に怒鳴りながらそう言ってきたわけではなかった。

引っ越す事自体は、俺も同意だった。

だが、

今日明日で出来る話でもない。

 

大阪 金龍ラーメン クッソ不味い

 

 

大阪金龍ラーメンクッソ不味い。

 

僕は元々ラーメン好きなのですよ。

食べ物の好き嫌いはないし、お店のラーメンはどこも美味しいと思う。

自分でラーメン作ることも多いです。

 

 

たまたま入った金龍ラーメンでの感想は、、

なんじゃこの

腐ったビニールみたいなのは

 

関西が大嫌いになったきっかけの1つです。

大阪の街をすれ違う人々からも

『大阪不味いからなぁ』

みたいな話が聞こえてきます。

 

大阪とか関西って、そういう地域。

 

tabelog.com

machi.to

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

4travel.jp

それでも子がいなかったのは、せめてもの救い。

 

 

酷いなんてものではないこの状況。

十分すぎる最悪の状況なのだが、

それだけはやらかしていない。

そこは避けれた。

ということがある。

 

タイトルだけでもわかる話ですが(笑)

 

 

 


 

僕に子がいないのは良かったこと。

(彼女作ること自体できてないのに、なにを言うのか。という話ではない)

もし今の僕の状況で

さらに手の掛かる子がいたらと思うと、、、

本当にいなくて良かった。

 

僕のようなのを次代に残してはいけない。

 

 




 

 

今の世間にいる人々は分かっていると思うが、

 

  子を宿し、

  子を出産し、

  子を育て、

  子に必要なことを教え、

  子を巣立たせる。

 

文字にするだけで結構大変だ。

両親としてそれを実際に実行するとなると、

とんでもない、恐ろしくとんでもない話になる。

陳腐な覚悟で子作りしたところで、

その子もろとも、貴方も貴女も不幸になり、死ぬ。

 

不幸になるために今を生きているわけではあるまい。

 

 

 

なぜ少子化が問題とされて、

たまに、だとしても政府で論じられているか?

 

若い働き手がいないと、税金が集まらないからだ。

 

税金が集まらないと、それを食う高齢者が困るからだ。

 

政府には高齢者が多いから、自分たちに直面する問題だと思っている。

 

子供の出産のまえに愛だの快楽だの、まではいいが、そこで止めろ。

 

その子は高齢者の餌になるだけだ。

 

この子を高齢者の餌にするまえに、

 

世間にはびこる邪魔な腐った高齢者どもを処分しろ。

"その子"のために、召喚獣として手伝って、盾として、歯車となって、

 

"その子"

f:id:healingfit:20190209104008j:plain

やっと、

やっっっっっっっっっっっっッッッッッッッッっっと、、

毎日職場で目の前で仕事する状況となった。

"その子"と年頃的にもちょうど良い。

これは自然に"その子"は彼女になってくれる状況だと思った。

 

 

ただ、その職場環境状況には、多々問題があった。

その大勢の50代後半以上の女性達は、具体的になにが原因か分かっていないまま、

ギスギスしていた。

 

そんな環境だったが、俺にとっては、

"その子"

やっと、

やっっっっっっっっっっっっッッッッッッッッっっと、、

毎日職場で目の前で仕事する状況となった。

"その子"と年頃的にもちょうど良い。

これは自然に"その子"は彼女になってくれる状況だと思った。

 

もちろん男と女なので、

あわよくば、、!! という心もある。

30と数年、縁が無かったのだ。

散々待たされたのだ。

これはもう、、!! という心も当然ある。

 

お局(おつぼね)的ババアから、

若い子は少ないこともあり、

酷い扱いというか、"その子"もまたいじめられていたことを感じていた。

 

 

 

"その子"は、

(ほぼ確定の)彼女候補なので

なんとかして守らないとと思った。

 

 

俺は"その子"のための召喚獣になりたかった。

f:id:healingfit:20190209100617j:plain

www.youtube.com

俺は"その子"のための盾になろうと思った。

当時の称号として、ロードオブアイアンを持つものとして。

f:id:healingfit:20190209100640j:plain

盾形ジョブの能力をそのまま活用し、

"その子"の盾にもなれるかと思った。

 

"その子"は"彼の姉"さんと、共通点が多かった。

2人姉妹の姉であること。

髪型が似ていること。

過酷な環境で頑張って仕事していること。

f:id:healingfit:20190209100712j:plain

多くが50代後半以上の女性が大勢いる職場環境なので、

それらだけに任せると、どうしてもグダグチャグダグチャした仕事になる。

『そうじゃないんだよ』

と言いたかった。

 

なぜ潤滑に仕事が機能しないかは、抽象の話ではあるが、歯車的なものが無いと思った。

理解に乏しい50代後半以上の女性が大勢いる状況では、確かにその発想は発生しない。

歯車が要る。

f:id:healingfit:20190209103819j:plain

召喚獣もロードオブアイアンも歯車も、

どれが最優先、ということでもない。

ぐるぐるぐるぐる。
 

 

 

 

 

 

 

 

など、いろいろ示したが、

年代の差はあれど、"その子"もまた女性同士であることもあり、グダグチャグダグチャした仕事であっても、

女性同士でそれを盲目的に信じている感じがあった。

『そうじゃないんだよ』

と言いたかった。

 

 

必要以上に疲れる仕事をしているから、50代後半以上の女性がどうしてもグダグチャグダグチャした仕事の老廃物が発生する。

本来の仕事の他に、大勢ババアの老廃物の処理をしないといけなかった

その処理の労力は疲れるなんてもんじゃない、、、、

 

やがて"その子"にも拒絶され、、

 

"その子"の感覚も

俺が言葉よりも行動で示した、あるべき仕事要領よりも、

従来の

50代後半以上の女性がしているグダグチャグダグチャした仕事に近づいて行った。踏襲するようになった。同調していった。

女性が社会で活躍するのはいいが、

理解できない女性は、どこまでも理解に乏しいと思った。

 

 

男と女の間にある、

価値観の違いだった。

 

そうなってしまえば、

俺がいくら召喚獣としてロードオブアイアンとして歯車として

(その雰囲気を感じた奴が、からかってきて(正義の味方か??)などとからかってきたこともあった)

いくら身を砕いても、

"その子"に響くことは無い。

ましてや彼女になることは無い。

f:id:healingfit:20190209104008j:plain

そういや画像はこれだけど、

その数年、"その子"は一度も手振ってくれたことなかったなぁ

ギリギリの支えの1つだった"その子"に、(明らかに雰囲気で)拒絶され、、、、

 

"その子"を実際に彼女として成立できたのは、

同職場内、近くの別の機械に携わっている、

ジャニーズアイドルをも上回るイケメンがいた。

 

俺と"その子"は男女間が上手くいかなかった。という話ではあるが、

そりゃそうなる。という背景の出来事もある。

とても一言では言えない。

散々とんでもない痛みと、ありえない苦労を身に宿して、、、

 

よそはよそ。うちはうち。続。よそはよそ。うちはうち。

 

 

よそはよそ。うちはうち。

 

ハッキリ言います。

世間知らずの家が

それ言ってもダメなんですよ。

むしろ言っちゃダメなんですよ。

 

 

 

もっとも

その家族が

 

自分たちは世間知らずであることの自覚がないから

 

なおさら

 

よそはよそ。うちはうち。

とか言ってしまうわけだが

 

よそはよそ。うちはうち。

 

よそはよそ。うちはうち。

家内で幼少の頃によく言われていた気がする言葉。

 

 

 

 

よそはよそ。うちはうち。

我が家は我が家。他の御宅がどうであろうと、我が家のやり方がある。

みたいな話。

 

 

 

 

よそはよそ。うちはうち。

その我が家が、

世間感覚に、敏感で、理解ある、我が家であれば良い。

 

 

 

 

そうじゃない場合、

よそはよそ。うちはうち。

この考え方は危険だ。

 

 

 

 

よそはよそ。うちはうち。

不特定多数の他の御宅を関係ないと無視し続けていて、

その不特定多数の他の御宅が、世間感覚となっていたとしたら。

 

 

 

 

よそはよそ。うちはうち。

となっいてる、我が家の壁に阻まれて、

その我が家だけ、世間感覚が入ってこない。

 

 

 

世間感覚の入ってくる、よそ

世間感覚の入ってこない、うち

 

 

 

その差は

やがてとんでもない差となる

 

不適切動画をする心理。その奥にある真実。

 

 

飲食チェーン店の従業員が不適切動画撮ってることが問題になってるけど、

そうしたい気持ちはわかるのです。

 

たしかに"肉魚など食材などを粗末に扱ってはいけない"

でも多くの世間感覚として、"そこ" "しか" 見てないでしょ。

見るべきはそこじゃない。

 

 

それは行動としての言葉であり、

メッセージなんだよ。

自分たちが出来る方法で、示してるだけなんだよ。

 


 

問題になったからと言って、

いつも仕事してくれてる従業員をただ怒るんじゃなくて、

むしろその不適切動画をなぜ撮りたくなってしまうのか??

そこに気付いて。

仕事で業務で従業員で、とかよりも、

人と人、とかよりも、

世間レベルで。

 

酷務なんですよ。

それも時給800円だか900円だかの薄給で

さらに酷い人は、

他人からは想像できない酷い扱い受けてるんだよ。

 


 

お客さんはスーツ着てる人も多いでしょ?

 

僕は飲食店じゃなくて、工場勤務などだったけど、

それでも酷務で、ほぼ最低賃金というのは分かるのです。

 

 

なんかスーツ着て仕事してる人達って、

自分たちで、世界動かしてると思ってないですか?

 だからスーツ着て仕事してる人たちは嫌いです。

 

むしろ仕事内容だけなら、

スーツ着てる奴らよりも、

飲食店や工場などで仕事してる人達の方が、酷務だからね。

 

 

その酷務の方がなんで給料低いの??

そりゃふざけるなって思うよね。

ふざけるなって思うのも当然だよね。

 


 

 

 

スーツ着て仕事してて、街ブラブラして人の目にはよく写るけど軽務で、いかにも世界動かしてる気になってて、そんな気がするだけで給料高い仕事となってて。

 

 

飲食店や工場とかは外からは見えにくい仕事。

酷務なんだけど薄給で、なんとなく軽視されて、世間的には軽業務なんでしょ? とか思われてて、でもそんなこと全然なくて。

とっても世界に貢献してるけど、でも世界も世間もその事実を知らなくて。

 

 



 

見合ってないよね。

単純に言うと、

軽務のくせに高給で、酷務のくせに薄給では

 



 

スーツ着て仕事してる人も飲食店や工場勤務などの人も

同等かそれ以上の仕事してて、

でも現状、

スーツ着てる仕事してる人達の方が給料高くて、

それを擁護している世間に

そりゃふざけるなって思うよね。

ふざけるなって思うのも当然だよね。

 

 


 

どちらが酷務、どちらが軽務、ではなく

 

スーツ着て仕事してる人も飲食店や工場勤務などの人も

同等かそれ以上の仕事してて、

ってことであれば、

得るものも同等か、それ相応じゃないといけないよね。

その人がやってる事を、世間的にやっていない事と、判断されては、

歪みになるよね。

 

でもこれまで全般的にスーツ仕事が多くの給料得ていたのなら、

飲食店や工場勤務などの人がまだ得ていない分の給料をまずは払え。ってのも、もっともな話だよね。

 


 

不適切動画をする心理は

自分たちよりも軽務のくせに高給の奴らに対して、

せめて腐った菌大盛りサービスの肉なり魚なりを食って腹壊しとけ。

てとこからの、

世間へのメッセージとしての動画なんですよ。

 

彼らも肉や魚を粗末にしたくないよ。

美味しく食事もしたいよ。

格差なんだよ。

 


 

その事実をただ見れば、

格差なんて発生するはずがない。

でも発生してる。

現状世間レベルで。

ありえないはずの、本来無いはずの、格差が発生している現状の世間なんだよ。

 


 

 

"歪んだ世間"が、"判断してる"から、その動画が"不適切"動画とされるんだよ。

"歪んだ世間"が 解消されたら、どうなるの?

 

 

  その真実は

   正論の

      メツセージ